トップ / コンピューターの周辺機器

コンピューター周りがすっきり

最近のパーソナルコンピューターはワイヤレスのタイプが多いので、パソコン周りがすっきり出来て気持良く作業が出来ます。本体にモニターをつないで、キーボードをつないで、さらにマウスをつないで、それこそ線が行ったり来たりで周りがぐちゃぐちゃになってしまうことが多く、そこへプリンターやスキャナーなどの周辺機器をつなげるとなると、さらに線のオンパレードでした。そんな時代の事を考えると、今は技術の進歩が著しく、本体とモニターが一体化されていたり、キーボードやマウスは線いらずになっていたりで、コンピューターの性能は年を重ねるごとに進化していて、実に嬉しい限りです。

ワイヤレスが主流の今

最近のコンピューターはキーボードやマウスなどワイヤレスの物が多くなってきています。やっぱりコンピューター廻りはどうしてもコード類が多くなってしまって収集がつかないほどになってしまう事も多いです。ネット接続も今では無線LANが主流で最近のノートには初めからLANの差し込み口が付いていない物がほとんどです。プリンターも無線で飛んでいくので離れた場所に置いておいてもよくなっています。デスクトップの場合も本体とモニターを繋ぐケーブルくらいでサッパリしています。コンピューターのために無理なタコ足配線をしなくても、離れた場所に設置できるお蔭で足元は本体とモニターくらいのもので安全です。