トップ

長時間のコンピューター

最近のコンピューターの流行はデスクトップの場合は大型の画面、ノート型の場合は小型の画面の物が主流です。ですが、小さな画面では大きな画面のものに比べて圧倒的に作業がし辛い事も覚えておかなくてはいけません。タブレットとは違い、ノートパソコンとしてある程度の作業をする事を前提に選ぶなら、なるべく大きな画面の大きな物を選んだ方が間違いないでしょう。勿論、持ち運びを重視しなくてはいけない場合は小さなものに越したことはありません。また、大きな画面のものと小さな画面のものを比べた場合、長時間の作業での疲労感や作業効率も変わってくるでしょう。コンピューターは使用目的によって選ぶ方が良いでしょう。

液晶モニターは大きめを選ぼう

コンピューターのモニターは出来る限り大きめの製品を使いましょう。なぜ大きめの方が良いのかというと、すごく簡単な理由ですが見やすいのです。大きければ文字も画像も大きく映ります。大きい画面で大きな画像や文字を見ているだけで目の疲れの軽減となります。スマホやタブレットPCは液晶が小さく目が疲れやすい構造です。せめて家でコンピューターを使うときくらいは、大画面で作業するなり遊ぶなりしましょう。目の疲れは頭痛や肩こり、首のこわばりなどの元で、実は侮れません。という事で出来る限り、家では大画面でPC作業を行いましょう。